川にかかる反物

「染の小道」、川のギャラリーをみに中井に行ってきました。2月22日からはじまり明日で終了だそうで、たくさんの人がぞろぞろと中井駅を降りてすぐの橋の横を歩きながらきれいな染の反物を見ていました。

川にかかる反物を眺めながら、川沿いを歩いていたら「たいやき」というのぼりが。。。。。

鯛焼きやさんの前にかかっていた藍染のかわいいのれんです。

中井駅前商店街のお店には、型染、江戸小紋、紅型染め友禅染などで染められた個性的なのれんがでていました。

こちらのお店のまえののれんは、きれいな桜でした。

こちらのお店ののれんは、とてもきれいな友禅染のうさぎです。

優しい雰囲気にこころひかれる方が多いのかたくさんの人たちが写真撮影していました。

落合、中井地域は東京の染色産業の中心地で川筋の染工場の職人さんたちが川のあちこちで染物の水洗いをする

風景は一帯の風物詩だったそうです。

「染の王国。新宿」展も近くのしょうがっこうの体育館で開かれ美しい染の着物や、帯も展示されていました。

明日も天気予報では晴れらしいので、たくさんのひとが訪れるのかもしれません。