単衣の季節になりましたが。。。

9月も中旬になりましたが、まだまだ気温は30度。もともと暑がりなので家でお洗濯ができる黒の小千谷縮

を着ています。久しぶりに恵比寿のお教室のお手伝いに出かけるのに迷った末やはり小千谷縮を着ていきました。

ただ、いくら気温が高いとはいえ秋は秋。街ゆく人たちはお洋服も秋のものに。。。。先取りをおしゃれとする

着物の世界やはり少々違ったかな?とおもったのでした。暑い秋何を着ると快適でそうして素敵なのか悩みどころ

です。

 

 

講師としてのお手伝いのあとは、自分自身のお勉強です。板橋教室の先生といっしょに時代衣装のお勉強
です。3つの帯結びを練習しました。まずは、お文庫です。

 

つぎは、「柳」です。先日テレビで歌舞伎の舞台が放映されていました。その時の女形の役者さんが
確かこの帯結びをしていたような。。。。

 

3つ目の帯結びは「角出し」です。テキストを見ながらあれこれたくさん二人で考えて「どうでしょうか?」

と先生にみていただきやっと完成です。汗だくで四苦八苦しながらのできあがり。とても楽しいです。