着物好きの会

今回は、補正についてお勉強しました。着物に向いている体型はなんといっても寸胴。
むかしの人は、寸胴でなで肩のひとばかりだったのか。。。。

現代ではあまりそういうかたはいらっしゃいませんよね。なんといってもお洋服には

胸が大きく、ウエストが細く、おしりがきゅっとあがっているそういう体が素敵です。

ただ着物ではウエストとお尻の幅の差があるとどうも後姿がきれいにきまらないのです。

そこで補正が必要になってくるのですよね。ということで補正のお勉強でした。

 

補正のお勉強の後は、素敵な塩瀬の名古屋帯で「角出し」の結び方の
練習をしました。